紙幣や株券、債券は、発行体の信用によって成り立っており、景気や経済情勢によっては紙切れ
同然(無価値)になってしまう可能性があります。

金・プラチナは、不測の事態が起こっても、決して無価値にならない世界共通の実物財産です。

実物財産ですので、価値が変動することはあっても、その価値が「ゼロ」になることはありません。
「モノ」でありながら「世界に通用するおカネ」として普遍的な価値を持つ金は主要国政府の中央銀行も大量に保有しているほどです。

日本の金・プラチナ地金の価格は毎日の海外相場とリンクしながら決定されます。
海外相場は米ドル建て価格で発表されますが、日本では円建てで発表。よって日本国内では発表される
金・プラチナ価格は、海外の値動きだけでなく、円/ドル為替相場によっても変わります。

当日の地金価格は田中貴金属工業株式会社の特約店・直営店の店頭で発表され、日本全国同一価格で
取り引き出来ます。
       
     
   
    Be-GOLD(ビーゴールド)は、全国主要都市約120店舗のネットワークを持つ田中貴金属工業の特約店です。

田中貴金属工業株式会社について・・・
1978年、日本で初めて、世界の金市場で最も権威のあるロンドン金市場の「公認溶解検定業者」に認定されました。また、2003年には、ロンドン金市場の登録機関である、ロンドン地金市場協会より、金および銀の「公認審査会社」に、世界で5社、日本では唯一任命されました。金銀の溶解技術、分析能力を再審査し、世界に流通する金を常に最高の水準に保つために貢献しております。
   
    Be-GOLD(ビーゴールド)は、全国に約244社の会員を持つ社団法人日本地金流通協会の登録店です。
社団法人日本地金流通協会について・・・
昭和54年12月、金地金の健全な取引と正しい知識の普及をはかるために貴金属地金商を中心として発足いたしました。
広報、調査等の活動を中心に、所期の目的を果たすべく努力を傾注し、これにより世界の金地金流通機構の一環として社会の信頼と世界的な相互関係をが確保されております。
詳しくは、http://www.jgma.or.jp/
     
    ゴールドアドバイザーは、金地金の販売に携わる人のうち、ワールドゴールドカウンシル(WGC)の研修を受けたプロフェッショナルです。
WGCから日々の最新情報を入手し、金投資にまつわるあらゆる相談にしっかりと応えてくれます。
全国に約120名が活動中です。